Return to site

★受付中★2018年6月3日(日)都心の生きもの調査隊~ミツバチ編~

時間:9:30-12:00 対象:おやこ(5歳以上)

· 生きもの観察会,自然から学ぼう

都心の生きもの調査隊~ミツバチ編~

2018年6月3日(日)9:30-12:00 *受付9:15~

都心の生きもの調査の第1弾は蜂!

ミツバチだけでなく、ハチ全般をテーマに、日比谷公園、養蜂場などへ足を運んでみましょう。

アブの専門家と養蜂家と一緒に、ハチの道を歩いてみます。

□日程:2018年6月3日(日)9:30-12:00(受付開始9:15-)
□内容:10年くらい前に銀座ではじまった都市養蜂もどんどん広がって、今では丸の内のビルの屋上や日比谷公園の図書館の屋上など、いろいろな人たちの手によって盛んにおこなわれるようになりました。

春を迎え、ミツバチたちも活動的になる季節。日比谷公園でハチを中心とした昆虫や、ハチに繋がりのある動植物を観察、調査してみます。都心部のミツバチにとって、どんな蜜源があり、どの辺まで蜜をとりに出かけているのか観察してみます。その後、銀座まで歩き、ミツバチの生態を学び、実際に都市養蜂を見学してみましょう。調査・観察・都市養蜂の見学を通じて、ミツバチの不思議を探ってみます。
□集合場所:日比谷公園有楽門 9:25集合
雨天時は10時に銀座紙パルプ会館へ集合(雨天プログラムへの変更は、前日中にご案内します)
□講師:佐藤真人(インタープリター・NPO法人生態教育センター)/山本なお子(養蜂家・NPO法人銀座ミツバチプロジェクト)
□対象:おやこ(日比谷公園から銀座3丁目まで30分程度あるけるお子様・5歳以上)*年齢対象外のお子様の同伴可
□定員:先着25名程度
□参加費:おとな(高校生以上)1,500円(養蜂場見学料・保険代込)、子ども(小・中学生)1,000円(施設見学料・保険代込)、小学生未満のお子様500円(施設見学料・保険代込)
□持ち物:帽子・飲み物・雨具(小雨時)・歩きやすい靴と肌の露出が少ない恰好

*当日は香水や整髪料など香りの強いものの着用はお控えください。
□雨天時:小雨決行・荒天時は室内プログラムと養蜂見学へ変更

(雨プログラム実施の場合は、10:00銀座紙パルプ会館へ集合となります。変更する場合は前日中にお知らせします。)

□主催:トリプター

□協力:NPO法人銀座ミツバチプロジェクト

□助成金:子ども夢基金

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly